旨い酒と旨い肴に癒されたい

近年、専門店が営業を開始するなど日本でもブームとなっている「発酵食品」。世界中で作られている発酵食品ですが、日本では古くから親しまれている伝統的なものとして漬物が代表的ですよね。

美味しいだけでなく、健康効果も見込めるという発酵食品。実は、お酒のおつまみにもぴったりだということを知っていましたか?

意外に知らない人が多い!?そもそも漬物とは

そもそも、漬物とは塩・酒粕・酢といった材料とともに食材を漬け込み、食材の保存性を高めると共に熟成させた食品全体を指す言葉です。海外であれば、欧米で親しまれているピクルス、韓国の伝統料理キムチといったものが代表的なものとして挙げられます。

京都で生まれた「京漬物」は日本の漬物文化のルーツ!?

漬物文化のルーツや発祥は正確には分かっていません。しかしながら、古くから日本ではそれぞれの地域や家庭で伝えられてきた漬物を作り、各食卓で楽しんできました。

現在でも「味噌汁・ご飯・漬物」は和食の定番として語られることが多いですが、これは昔から変わらない文化。どの家庭でも、食卓には必ずといっていいほど漬物が並んでいたのだそう。

「京漬物」ならではの味・発酵のポイント

京漬物の中でも代表的なものが「千枚漬」「すぐき」「しば漬」の3種類。

一言で京漬物と言っても、それぞれに異なった特徴を持っています。以下では、京の三大漬物と呼ばれる代表商品3種類の特徴や歴史をご紹介します。

千枚漬

冬の京の風物詩として広く知られる「千枚漬」。発祥は江戸時代末期の頃と言われており、宮中の料理人が旬の聖護院かぶらを薄く切り、塩や酢に漬けたことが始まりだったそう。

すぐき

「すぐきかぶら」という、かぶらの一種を乳酸発酵させた漬物「すぐき」。冬に旬を迎えるこの漬物は、本漬後に室(むろ)に入れて乳酸発酵させることで、独特の酸味と深い味わいを持っています。

しば漬

平安時代の後期に誕生したと伝えられている「しば漬」。平安時代といえば、源氏と平氏が天下をとるために争っていた時代です。そんな戦乱の世の中で、当時「大原」に隠棲していたのが、壇ノ浦の合戦で唯一生き残った平清盛の娘・建礼門院。

コメント

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。

Good things are meant to be shared!